Google
キッズページ リンク English

紀伊民報連載

生き物ガイドブック 水槽解説ファイル
TOPページ > 学習コーナー > 紀伊民報連載
紀伊民報連載
 2007年の7月から2009年の3月までの約1年8ヶ月の間、和歌山県の紀南地方を主な情報エリアとする夕刊紙「紀伊民報」紙上で、「水族館に行こう!」と題した連載を行いました。
 海洋生物を研究する、「京都大学瀬戸臨海実験所」の教員と、当館の飼育担当職員とが交代で、展示中の生き物について解説しています。  ここでは「水族館に行こう!」の記事をダウンロードできます。

PDFファイルのアイコンをクリックすると記事を読むことができます。

連載順 掲載日 タイトル pdf
1 2007年 7月 3日 世界最大の節足動物 タカアシガニ 浮力に支えられ巨大化
2 2007年 7月10日 イシサンゴの不思議と魅力 田辺湾周辺にも生息
3 2007年 7月17日 出迎えるヒラアジ 小魚襲う海のハンター
4 2007年 7月24日 イソバナとオウギウミヒドラ 外見似るが「他人の空似」
5 2007年 7月31日 川エビ類 川と海を行き来する
6 2007年 8月 7日 解説ツアー 水族館の裏側見ませんか
7 2007年 8月14日 オニイソメとクモヒトデ 奇声上がるポケット水槽
8 2007年 8月21日 ガンガゼ 危険なウニの代表選手
9 2007年 8月28日 タコクラゲ 光合成で元気になるクラゲ
10 2007年 9月 4日 カイエビス、チカメキントキなど 赤い魚はなぜ赤い?
11 2007年 9月 11日 カイメン動物 スポンジに使われた生物
12 2007年 9月18日 ホネナシサンゴ イソギンチャクと、うり二つ
13 2007年 9月25日 厄介な動物を駆除する魚 飼育員の強力助っ人
14 2007年10月 2日 オオナガレカンザシ ヤクシマダカラに襲われる
15 2007年10月 9日 フジツボとカメノテ くっついて生きる
16 2007年10月16日 ヤギとウミトサカ ハードとソフトな海の花
17 2007年10月23日 ニセクロナマコ 決してたべないで
18 2007年10月30日 オニイソメ 体長1メートルの巨大ゴカイ
19 2007年11月 6日 トウカムリ 「兜」と「角」を持つ巻き貝
20 2007年11月13日 オオカワリギンチャク 暗闇に咲く黄色い花
21 2007年11月20日 さんご礁魚類 悲劇的な終末待つ魚
22 2007年11月27日 フナムシ 海から陸への進化
23 2007年12月 4日 ヒョウモンダコ 小粒で派手で危険なやつ
24 2007年12月11日 ウニの仲間 水槽食べて水漏れ?
25 2007年12月18日 カコボラ 海産動物最強の毒生物
26 2007年12月25日 マダコ 水族館の都市伝説
27 2008年 1月 8日 ヨコエビ 新種と言うためには・・・
28 2008年 1月15日 オニヒトデ 厄介者はサンゴが好物
29 2008年 1月22日 カイウミヒドラとシワホラダマシ 不思議な共生関係
30 2008年 1月29日 タコノマクラ 前後があるウニ
31 2008年 2月 5日 メジナ類 3種とも紀南に生息
32 2008年 2月 19日 ホヤ 人間と親せき関係
33 2008年 2月26日 カイカムリとカラッパ カニのアパート拝見
34 2008年 3月 4日 ハコフグ 愛嬌の裏に意外な一面
35 2008年 3月11日 ホソジュズモ 旺盛な生命力を持つ緑藻
36 2008年 3月18日 イセエビ 謎の多い名前の由来
37 2008年 3月25日 シャコ 甲殻類としての共通性
38 2008年 4月 1日 カタユウレイボヤ 遺伝子は全て解明
39 2008年 4月 8日 ハナギンチャク まるでミノムシ
40 2008年 4月15日 ミズクラゲ 大きく姿変える季節
41 2008年 4月22日 サクラダイ 雌が雄になる魚
42 2008年 4月29日 チゴガニ 干潟の小さなダンサー
43 2008年 5月13日 エイラクブカ どこ違う?軟骨魚と硬骨魚
44 2008年 5月20日 いろいろなエビ類 エビの腹部はなぜ長い
45 2008年 5月27日 ヤツマタスナギンチャク 砂の鎧まとう刺胞動物
46 2008年 6月 3日 郡泳する小魚たち 口を開けて呼吸と採餌
47 2008年 6月10日 オオカワリギンチャク 変わった特徴多く持つ
48 2008年 6月17日 サメハダホシムシ 口の近くに肛門がある訳
49 2008年 6月24日 タツノオトシゴの仲間 人気者の影に飼育員の苦労
50 2008年 7月 1日 ナマコ どっちが口で どっちが肛門?
51 2008年 7月 8日 生き物バラエティー 水族館と動物園 どっちが多様?
52 2008年 7月15日 サカサクラゲ 海水浄化の長命クラゲ
53 2008年 7月22日 イワホリコツブムシ 島を浸食する虫
54 2008年 8月 6日 動物と共生する藻類 持ちつ持たれつ
55 2008年 8月22日 タコアシサンゴ 悠久の時を過ごす動物
56 2008年 8月27日 イボヤギ 昼間、満開にさせるために・・・
57 2008年 9月 4日 スズメダイ類の産卵 雄が卵の世話と保護
58 2008年 9月10日 ヒモムシ類 実は進化した生き物!?
59 2008年 9月17日 強烈な毒のイラモ 海藻のような風変わり動物
60 2008年 9月24日 トコブシ 「流れ子」と呼ばれるアワビの仲間
61 2008年10月 1日 ニホンアワサンゴ 海に咲くカスミソウ
62 2008年10月15日 アカオニヒトデ 控えめにとげとげなヒトデ
63 2008年10月21日 ヤドカリ 左右不相称の体
64 2008年10月30日 ウニ類 体に何がある?
65 2008年11月11日 ベニクラゲムシ 泳げないクシクラゲ
66 2008年11月20日 ベニクラゲ 特集展示で見る神秘の生態
67 2008年11月26日 魚のひれ 使い方さまざま
68 2008年12月 4日 ヤドカリとイソギンチャクの共生 イソギンチャクは非常食
69 2008年12月10日 コケムシ 苔のように美しい動物
70 2008年12月17日 オキアミとアミ エビのようでエビではない
71 2008年12月25日 シロウリガイ 毒を餌に変える二枚貝
72 2009年 1月 7日 生物標本 DB化でもっと光を
73 2009年 1月14日 サツマハオリムシ 分子生物学の発展で変わる動物門
74 2009年 1月22日 水族館の餌 ペレット、オキアミ、塩ワカメ・・・
75 2009年 1月29日 イガイの仲間 食用貝、所変われば厄介者
76 2009年 2月 5日 駐車場の旧水槽 水槽に見る水族館の進化
77 2009年 2月19日 ウミシダの仲間 腕の「花」広げる“ろ過食者 ”
78 2009年 2月25日 線虫の仲間 地球の真の“支配者”
79 2009年 3月11日 甲殻類のまとめ いろいろな足
80 2009年 3月19日 ムラサキウニ 忍び寄る海洋酸性化の危機

紀伊民報のホームページはこちら

ページトップへ