通常ページに戻る


テングダイの食事

突き出た口が特徴的な、テングダイです。 クモヒトデやウミシダを好んで食べる変わった魚で、今回は大型種のウデナガクモヒトデを与えてみました。

投稿日:2017/2/25
撮影日:2017/2/20

ページの先頭へ

ウツボのデスロール

水族館で飼育しているウツボたちに、大好物のタコを与えてみました。 タコの体はやわらかく、私たちも噛み切るのは大変ですが、ウツボたちには必殺技があるのです。

投稿日:2016/12/19
撮影日:2013/7/30

ページの先頭へ

チビオクダウミグモ

特別企画展「ドレッジ調査〜白浜沖海底の生物相を探る」で展示している、チビオクダウミグモです。 脚以外がほとんど退化しており、奇妙な姿をしています。

投稿日:2016/8/3
撮影日:2016/7/27

ページの先頭へ

カスザメの食事

水族館で飼育しているカスザメの食事風景です。 普段は砂に潜って隠れていますが、エサがやってくると、一瞬で丸呑みにします。

投稿日:2015/2/2
撮影日:2015/2/2

ページの先頭へ

「大水槽エサやり体験」

夏休みイベント、「大水槽エサやり体験」の様子です。 全長1mのロウニンアジが餌に突進して、水しぶきが上がっています。

投稿日:2013/7/22
撮影日:2013/7/22

ページの先頭へ

ミノウミウシの防御

ミノウミウシの仲間は、背中のトゲトゲにイソギンチャクの毒針をためておくことができます。 この毒を使って、敵を追い払います。刺激をあたえると、トゲトゲを立ててきます。

投稿日:2013/7/17
撮影日:2013/4/16

ページの先頭へ

チゴガニのダンス

チゴガニのウェイビングの様子です。ハサミを上下に動かす姿は、ダンスのようです。 この行動は、オスが縄張りを主張すると同時に、メスにアピールするためだと考えられています。

投稿日:2013/5/23
撮影日:2013/4/24

ページの先頭へ

カニの食事

ノコギリガニが、餌のオキアミを食べている様子です。 ハサミ脚と、口周りの脚を使って、器用に食べています。

投稿日:2013/4/27
撮影日:2013/4/22

ページの先頭へ

泳げウミウシくん

全身が赤色とオレンジ色という、鮮やかな色彩のミカドウミウシが泳ぐ様子です。 普段は壁などをはいまわっていますが、時々思い出したように泳ぎまわります。

投稿日:2013/3/16
撮影日:2013/2/27

ページの先頭へ

ひとなつっこい
ツチホゼリ

クエやハタの仲間で、ツチホゼリという魚です。 人が近づくと、エサをもらえると思っているのか、水面に上がってきて、口をあけて待っています。

投稿日:2013/2/19
撮影日:2013/2/16

ページの先頭へ

オオウミウマと
トゲヨウジ

オオウミウマとトゲヨウジが餌を追いかける様子です。 普段はほとんど動かない彼らですが、餌を見つけた時は、意外に素早く動きます。 水族館では、川でとってきたエビを餌として与えています。

投稿日:2013/2/12
撮影日:2013/2/5

ページの先頭へ

ムカデメリベ

ムカデメリベがエサ餌のヨコエビをつかまえたところです。 袋のような部分に餌が入ると、すこしずつ袋を小さくしていきます。 そして、最後にはエサが袋の真ん中についている口の中に自分から入っていきます。

投稿日:2013/1/30
撮影日:2007/4/5

ページの先頭へ

泳ぐヤマトメリベ

ヤマトメリベが泳ぐ様子を撮影しました。 体をくねらせて泳ぎ回るという独特の動きを見せてくれます。 ヤマトメリベは春〜初夏にかけてたまに捕獲されます。

投稿日:2013/1/30
撮影日:2011/4/26

ページの先頭へ