船舶

瀬戸臨海実験所では、研究教育のために2隻の小型船舶を管理しています。
船舶利用における注意事項はこちらをご覧ください。

  • ヤンチナ

    [ヤンチナ]

    ヤンチナは、利用者定員24名の研究実習船です。

    海洋生物学および海洋生態学等の様々な目的の調査研究・学生実習において、田辺湾内およびその周辺海域で使用できます。海洋観測・採水・採泥・プランクトン採集などを行うことができ、磯観察のための畠島実験地への送迎も行っています。

    主要目および使用機器

  • ゾエア

    [ゾエア]

    ゾエアは、利用者定員10名の採集実習船です。

    調査研究・学生実習において、田辺湾内およびその周辺海域で使用できます。採水やプランクトン採集などが可能で、磯観察のための畠島実験地までの送迎や、潜水調査の補助に使用されています。

    主要目および使用機器