黒潮海域における海洋生物の自然史科学に関するフィールド教育共同利用拠点

京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所は、平成23年度より教育関係共同利用拠点(事業名:黒潮海域における海洋生物の自然史科学に関するフィールド教育共同利用拠点)として文部科学省から認定され、共同利用事業を進めていく事となりました。

本事業は、臨海実験所を有しない全国の大学に施設を開放し、海洋生物の自然史科学に関わる人材を育成することで、高等教育の充実に貢献することを目的としています。実習施設と臨海実習プログラムを提供し、共同利用に必要な基本的施設の整備、公募の実施、共同利用者の利用支援を行います。

  • 教育内容の概要

    [教育拠点案内リーフレット]

    公開実習(自由課題研究、発展生物学実習、海産無脊椎動物分子系統学実習、藻類と海浜植物の系統と進化、沿岸域生態系多様性実習、博物館実習の6科目)では、全国の大学の学部生・大学院生の受講を募集します。詳しい実習内容は、下記リンク先のページをご覧ください。

    瀬戸臨海実験所の公開実習

    また、他大学主催の実習および卒業・修士・博士論文のための研究利用を募集します。詳細は、下記のリーフレットをご覧ください。

    当実験所の教育拠点案内リーフレット(PDF:0.7MB)

    フィールド科学教育研究センターのその他の教育拠点に関するご案内は、下記のポスターをご覧ください。

    フィールド研の教育拠点案内ポスター(PDF:1.1MB)

  • 利用方法

    公開実習の参加は、在籍する大学の教務担当にお申込ください(博物館実習についてのみ、まずは水族館事務室(0739-42-3515)へお問い合わせください)。なお、教育ページの公開実習「募集中」の各リンク先で募集案内を公開しています。

    他大学主催の実習利用、他大学生による研究利用は、利用開始の前年度中に申請書をご提出ください。詳しくは、申請要領をご覧ください。

  • 利用可能な設備など

    瀬戸臨海実験所の施設・設備ページをご覧ください。

    本事業による実習及び研究での船舶利用については、使用料を徴収しません(ただし、旅費等の助成は行いません)。また、1回のご利用につき図書室の複写料金を100枚分まで実験所が負担いたします。そのほか、本事業に関わる実務(実習指導を含む)を担当する、研究員2名を雇用しています。

  • 今年度の公開実習・共同利用実習予定
    日程内容(利用大学)
    平成29年4月7〜12日共同利用実習(和歌山大学)
    平成29年5月23〜27日公開実習「博物館実習(館園実務)」
    平成29年6月6〜10日共同利用実習(奈良女子大学)
    平成29年6月11〜15日共同利用実習(大阪教育大学)
    平成29年6月25〜29日共同利用実習(奈良教育大学)
    平成29年7月7〜13日共同利用実習(大阪市立大学)
    平成29年8月18〜22日共同利用実習(関西学院大学)
    平成29年8月23〜26日共同利用実習(滋賀県立大学)
    平成29年9月4〜11日公開臨海実習「自由課題研究」
    平成29年9月12〜17日共同利用実習(大阪大学・理学部)
    平成29年9月18〜24日公開臨海実習「発展生物学実習」
    平成29年9月25〜30日共同利用実習(大阪大学・留学生)
    平成30年3月3〜10日公開臨海実習「海産無脊椎動物分子系統学実習」
    平成30年3月14〜19日公開臨海実習「沿岸域生態系多様性実習」
    平成30年3月27〜31日公開臨海実習「藻類と海浜植物の系統と進化」