周辺環境

  • 地理

    瀬戸臨海実験所は、紀伊半島南西部沿岸、紀伊水道から太平洋に出る辺りの田辺湾口に位置しています。当実験所の名称は、創設当時の瀬戸鉛山村の名前に因んだものです。当実験所の敷地は、和歌山県白浜町の西北端にある番所崎の頚部の砂洲を占めており、北は田辺湾、南は鉛山湾に面しています。

    田辺湾の周辺海岸の地形は複雑で、暗礁および小島が散在します。湾内水深は30 m以浅で、底質は岩盤・転石・礫・砂・泥と多様です。遠浅の砂浜や干潟はそれほど発達していませんが、湾奥には小規模な干潟があります。また、当実験所の管理する畠島があり、実習や研究に利用されています。

  • [瀬戸臨海実験所周辺にみられる海岸地形]

  • 気候

    [実験所周辺の平均気温(℃)]

    [実験所周辺の平均風速・風向(m/s)]

    当実験所周辺の気候は温暖です。冬期の平均気温は約9℃まで下がり、雪は稀にしか降りませんが、強い北風がふきます。夏期の平均気温は約28℃まで上がり、南西の風がふくことがあります。雨量は6月の梅雨時と9、10月の台風シーズンに多く、普段は多湿ですが、冬期には乾燥します。

    当実験所による気象観測のデータ
    2006年] [2007年] [2008年
    2009年] [2010年] [2011年
    2012年] [2013年] [2014年
    2015年

  • 沿岸環境

    [水族館開放式予備槽の平均海水温(℃)]

    [実験所周辺の最高・最低潮位の範囲]

    当実験所周辺の海域は黒潮分枝流の影響を強く受けており、特に冬期の水温は本州のなかでも比較的高いです。平均海水温は、冬期は約15℃まで下がり、夏期は約29℃に上昇します。年によって、また潮間帯や湾奥部など気温の影響を受けやすい場所では、冬期の海水温が13℃以下になることや、夏期に30℃以上になることがみられます。

    塩分は、黒潮の来訪時に34.5‰を越えることがありますが、それより若干低いのが一般的です。大雨の影響により局所的に10‰台にまで低下することもあります。

    潮位差は、大潮のときで1.4〜2.1 m、小潮のときで0.6〜1.1 mです。大潮干潮時の潮位は一般的に0〜10 cmほどですが、最も潮が引くのは12〜2月の深夜で、潮位−20 cmに達することがあります。一方、8月後半〜10月前半はそれほど潮が引かず、大潮干潮時でも潮位は20 cmほどです。

    白浜水族館による海水温測定のデータ
    2006〜2010年][2011〜2015年

    白浜の潮汐(気象庁)

  • 生物

    暖海性あるいは南方系の動植物が特徴的です。紀伊半島を分布北限とする種も多く、また南方海域からの漂流もあるため、本州においては比較的多様性が高いです。

    白浜の生物